筋トレ・ダイエット・栄養

【最新版】NO系サプリで強烈なパンプアップを引き起こす!おすすめNO系サプリ紹介あり!

NO系サプリメントを有効に使って、強烈なパンプアップを感じたくないですか?

記事後半で『おすすめNO系サプリメントの紹介もしておりますので、ごゆっくりお読みください。

パンプアップとはトレーニングしている対象筋への血流量を増やし、より多くの血液を対象筋へ流し込むことで、その部位に破裂するような強い張り感をもたらすことです。

パンプアップはトレーニング後の一時的ではありますが、血流量が増えることで筋肉が膨らんで大きく見え、より多くの酸素や栄養素が運ばれるため、筋肥大に有効です。

一般的な競技をしているアスリートからすれば、パンプアップすることは無用にも思われるかもしれませんが、パンプアップによる積極的な酸素、栄養の供給や疲労回復を促す効果を考えれば、他競技のアスリートにも効果的です。

NO系サプリメントとは?

NO系サプリメントとは、いくつかの有効成分をブレンドし、運動能力を総合的に上昇させるサプリメントです。

NOとはNitric Oxideの略で「一酸化窒素」という意味です。

体内において一酸化窒素は血管拡張作用があり、NO系サプリメントは体内の一酸化窒素の生成を促す「L-アルギニン」が主成分となっています。他にも、L-シトルリン、クレアチン、カフェインなど、パワーアップや疲労回復、集中力向上に有効な成分が配合されているものも多く、効果をしっかりと体感できるサプリメントとして重宝します。

しかし、商品によっては禁止物質を含むものもあるので、ドーピング規定のある競技には注意が必要なサプリメントでもあります。

筋トレにおけるパンプアップの効果

大量の血液が筋肉内に流れ込むことでパンプアップが起こるわけですが、血液中にはアミノ酸をはじめとする豊富な栄養物質が溶け込んでいます。

これらの栄養素は筋発達には不可欠であり、それらが大量に対象筋の中に流れ込むことで、疲労回復効果や筋肥大が起きやすくなります。

パンプアップが起こる

一時的に血流量が増加する

時間経過とともに落ち着く

という一連の状況が繰り返されると、筋繊維をまとめ上げている筋膜が少しづつ引き伸ばされていき、より多くの血液を筋肉内にため込むことができるようになります。

より多くの血液をため込むことができれば

より多くの栄養分を得ることができ

より多くのアナボリズムを引き起こし

強い筋肥大反応を引き起こす

ことができます。

そのためボディビルダーはパンプアップを狙ってトレーニングをするのです。

もちろん、パンプアップの過程の中で、アナボリズムに必要な栄養素を補給することや、ハイレップストレーニングにより対象筋を確実に狙うことも重要です。

一酸化窒素(NO)で血管を拡張する

大量の血液を対象筋に送り込むためには、できるだけ血管を拡張しておく必要があります。

血管を拡張するというと、医療的な方法を連想する方も多いかもしれませんが、血管拡張に作用する物質があり、それを増やすことができれば、意図的に血管を拡張することが可能になります。

血管を拡張させる物質、それは一酸化窒素(NO)です。

体内の一酸化窒素(NO)の量を増やすには『L-アルギニン』を摂取するのが有効です。

一酸化窒素(NO)はL-アルギニンを材料として作られます。つまりL-アルギニンを摂取することで、一酸化窒素(NO)の産生を高めることができます。

また一酸化窒素(NO)を発生させた状態でトレーニングすると、血行促進効果により、強烈なパンプアップが得られます。

ただしL-アルギニンはアルカリが強く、大量に摂取すると、胸やけ、消化不良を起こす可能性があります。

そこで「L-シトルリン」です。

L-シトルリンは体内で尿素サイクルにより、L-アルギニンに容易に変換されます。

一回に750mgのL-シトルリンを一日2回摂取することにより、体内のアルギニンレベルを十分に高めることができます。

L-アルギニン、L-シトルリンの両方を摂取すればアルギニンによる体内のアルカリ性は抑えられ、また「L-シトルリン→L-アルギニン」となることによるタイムリリース効果も期待できます。

ニトロシギンで更に効果増大

もう少し詳しく説明すると、L-アルギニンには確かに体内の一酸化窒素量を増やし、血管を拡張させる作用があるのですが、実はその効率はあまり良くないというのも事実です。

遊離アミノ酸であるL-アルギニンは、健康な人の体内では血管拡張作用をあまり発揮することができないのです。

しかし、それを解決するために、『吸収を助ける物質と結合させることの有効性の研究もされており、それによりL-アルギニンの吸収率が増加し、効果を高めることができます。

では、L-アルギニンの吸収を高める物質とはなんなのか。

それは…

・イノシトール、スタビライズド・アルギニン・シリケート

一般的には『ニトロシギン』と呼ばれています。

『ジャーナル・オブ・インターナショナル・ソサエティ・オブ・スポーツ・ニュートリション』に掲載されていた記事も一緒に紹介しておきます。本記事のリンクも下に貼っておきます。

Journal of the International Society of Sports Nutrition

1.5gのニトロシギンの摂取で血漿中のアルギニンレベルが133%高まったという結果が得られ、アルギニンの基本レベルが133%まで高まったのはニトロシギンを摂取してから2時間を要したようです。この実験では他にも、ニトロシギンを数週間にわたって毎日摂取し続けても、その効果が維持されたということです。

ということで、この研究では『1.5ℊのニトロシギンはスポーツサプリメントとして、十分に効果を発揮する』と結論付けられています。

これにより、特に運動によって受けた筋肉のダメージや疲労の軽減に役立てると期待されています。

血流量が増加し、強いパンプアップを引き起こせる。

結果、筋肥大、パワーアップにつながる。

L-アルギニン・L-シトルリンは今やメジャーなサプリメントのひとつですが、ニトロシギンはまだまだ知名度も少なく、関連する研究報告も少ないのが現状です。

ニトロシギンが配合されているサプリメントは海外物のプレワークアウトサプリに数多くあり、ニトロシギン以外にも、一酸化窒素(NO)量を増加させる成分が組み合わされています。しかし、JOC(日本オリンピック委員会)に加盟している団体の競技選手は使用を控えた方がいいでしょう。ニトロシギン云々ではなく、海外のプレワークアウトサプリ自体が正直信用なりませんので、摂取するかどうかは自己責任です。※ボディビル競技の場合、JBBFはJOCに加盟しています。

私の経験・体感

ここからは私の経験・体感からですが、私的には…というより、私は過去に、減量シーズンに入ると筋肉が全くパンプアップしなくなるという悩みを抱えていたのですが、アルギニン・シトルリンの摂取で解決しました。

減量に入ると当然、食事制限が始まります。最初のうちは体も元気ですし、体脂肪もあるのでトレーニングについての不都合はあまりないのですが、減量の中盤以降からは筋肉がパンプアップしないという悩みがでてきます。

トレーニングしても全くパンプアップしないことで不安になり、パンプアップさせようと更なる高回数のレップス&セット数でトレーニング時間はどんどん長くなり、筋肉もどんどん削られ、減量の負のスパイラルに突入してしまいます。

このような減量を行うと、脂肪は落とせますが、筋肉がフラットな感じに仕上がってしまいます。筋肉がフラットな感じとは、脂肪は落ちていてバリバリ、血管もしっかり浮き出ている、でも筋肉の張りがないというか、迫力がないというか。

つまりは減量失敗ですね。

この減量失敗を改善するためにL-アルギニン・L-シトルリンをプレワークアウトとして飲み始めました。私の場合はこれを飲み始めた当日から、しっかりとしたパンプ感が戻り、トレーニングにも無駄がなくなりました。

減量中は同じような悩みを抱えている方も多いと思いますので、一つの参考となれば幸いです。

私のプレワークアウト

・L-アルギニン

・L-シトルリン

・BCAA

・カフェイン

・クレアチン

・ブドウ糖

人それぞれですが、私としては、基本的に自分が体感できるもの以外は摂らないようにしています。そのため、サプリメントは成分ごとに単独で購入するようにしていて、それを自分なりに配合しています。

やはり効果があると言われているものでも、体質などもありますし、実際に自分で試してみて体感がなければ飲む必要はないと思っています。

余談ですが、最近はBCAAよりもEAAが人気ですが、BCAAもEAAもプロテインを必要量しっかり摂取していれば、結局いらないんじゃないかと個人的には思っています。

しかし、EAAが話題になる前はやはりBCAAがメジャーでしたし、私的にBCAAはお守り的存在?のような感じと、BCAAを大量に購入していたため、消費しなければならないということで、BCAAを飲み続けています。笑

おすすめNO系サプリメント紹介





私の一番のおススメNO系サプリは『ハレオ フェノム』です。