ダイエット・減量

カルニチンで筋肉の分解(異化作用)を抑え、脂肪燃焼し、減量ダイエットを加速させよう

カルニチンは脂肪燃焼サプリメントとして有名な成分ですが、カルニチンにはその他にも重要な作用があることをご存知でしょうか。

トレーニングをよりハードに行う能力を高めたり、筋肉の回復を促したり、筋肉の分解(異化作用)に関わる遺伝子の働きを抑制する可能性も示されています。

最近の研究では、L-カルニチンに筋肉の分解(異化作用)を抑制する効果があることが、子豚を使った実験と、ネズミの癌悪液質モデルの実験で、それぞれ確認されています。カルニチンには骨格筋の分解(異化作用)に関わる遺伝子の発現を抑え、異化状態での筋量の損失を減らすことが研究で認められています。

そして新たな研究では、カルニチンに筋肉の分解(異化作用)を停止させる働きがあることが報告されているようです。これはラットを用いた実験で、一方のグループにはカルニチン量の少ないエサを与え、もう一歩のグループには体重1kgあたり1250㎎相当量のカルニチンを含むエサを摂取させました。

それによると、カルニチン摂取グループにはMuRF1(異化作用に関わるタンパク質)とユビキチン・タンパク質抱合体(ubiquitin-protein con-jugate/飢餓や筋委縮といった異化状態で増える)のレベルの低下が認められました。さらに、カルニチンを摂取したラットのほうが血漿中のインスリン様成長因子(IGF-1)の量が多かったということです。

筋肉づくりを目指す人は、減量ダイエット時に筋肉の分解(異化作用)を抑え、IGF-1による筋肉を作る働き(同化作用)を強化するために、カルニチンを摂取するのもいいでしょう。