ボディビル・筋トレ

ケガをした時のトレーニング方法【3つの選択】

トレーニングをハードに行い、長年にわたって続けていれば、何らかのケガに見舞われる可能性があります。あるいはすでに、何年もの前のケガを引きずりながらトレーニングを続け、トレーニングに-の影響が出ている人もいるかもしれません。

ケガとどのように向き合うのかは、トレーニングを続けていくうえで非常に重要ですが、大きく分けると3つの方法に分けられます。そして、3つのうち、どの選択をするかによって、その後の状況が良い方向にも悪い方向にも変化するということをしっかりと理解しておかなければなりません。

①根性でやり続ける

ケガをしたことを無視して痛みを押してトレーニングを続けてしまうケースです。

一般人が体作りを目的に熱心にトレーニングしているのであれば、この選択は良くありません。小さなケガでも、我慢してトレーニングを続けることによって、最終的にはトレーニングを完全に諦めなければならない状況になる場合もあります。

②完全に休養する

ケガが良くなるまでトレーニングを完全に休んでしまうというケースです。

ケガは時間の経過とともに治っていくかもしれませんが、その間ずっとトレーニングをやめてしまうと、体力、筋力、体形が損なわれます。その後トレーニングに復帰した時、以前のレベルまで体を戻すために大変な努力が必要になります。そのため、この選択も良くありません。

③ケガとうまく付き合う

『ケガとうまく付き合う』とは、ハードなトレーニングを行いながらも、痛みを引き起こすことはしないということです。

これが最良の選択となります。

少しでも痛みを引き起こすことをすれば、それは回復の過程を長引かせることになります。根性論は捨てること。物足りないレベルであっても、焦らずに続けていくことが、その後の進歩の道を切り開くことにつながります。

ここで重要なことが2点あります。

1.ケガをした箇所を休める事

これは説明するまでもなく、痛みの出る動作は全て控え、休ませるということです。

2.ほかの部位はハードに追い込む

全身のその他の部位は、ハードにトレーニングしましょう。もしかするとケガの部位以外の種目でもケガの部位に痛みが出ることもあります(ケガの部分が補助的に使われているため)。そのような場合は種目を変えてみたり、ダンベルや関節の角度、軌道を変えて試行錯誤して痛みの出ない種目やフォームを探してみましょう。

安全を考慮した種目に変更するのもオススメです。例えばデッドリフトの場合、トップサイド・デッドリフトやトラップバー・デッドリフト、重量自体を下げるなど、工夫してみるのもいいでしょう。

ちなみに、ケガをしていない片側だけのトレーニングも有効です。ケガをしていない側をしっかりと鍛えることで、ケガをしている側の筋力にもプラスの効果があるという研究結果もあります。

まとめ

この時期に何より重要なのは、焦らずに根気よく続けることです。筋肉がすぐに大きくならないように、ケガからの復帰も時間を要します。無理をせず、自分の体の声に耳を傾けましょう。

できることと、できないことをわきまえる知恵が重要なのです。