トレーニング

レストポーズ法でパワーを最大限に強化する方法

レストポーズ法

レストポーズ法はセット内で短い休息を挟みながら動作を続けるというトレーニング方法です。

このレストポーズ法は、筋力、筋量増加に効果を上げることが認められていますが、爆発的に動作を行う種目でもパワー強化に効果をもたらすことができます。

レストポーズ法の研究

アパラチア州立大学(ノースカロライナ州)の研究で、10人の男性ウェイトリフティング選手を対象に、次の3種類のテストを行い、比較した。

 種目 パワークリーン 1RM80%

レストポーズ法 テスト①

1セット 6レップを連続して行い、インターバルなし

レストポーズ法 テスト②

レストポーズ法を用い、各レップ毎20秒休息、セット間に3分休息

レストポーズ法 テスト③

レストポーズ方を用い、各レップ毎に40秒休息、セット間に3分休息

レストポーズ法の研究結果

レストポーズ法 テスト①

1~6レップまでの間にパワーは15%減少

レストポーズ法 テスト②

1~6レップまでのパワーの減少は6%

レストポーズ法 テスト③

1~6レップまでのパワーの減少は4%

レストポーズ法の結論

この研究では、レストポーズ法を用いた方が1~6レップまでパワーがより維持されるという結果が示されています。

これは、パワー強化を最大限に図るための重要な点となります。

この研究ではパワークリーンでレストポーズ法を使う場合の効果のみを見ているのですが、パワー強化を目的とするトレーニングでは、どの種目を行う場合にも、レストポーズ法を用いることで筋力、筋肉量増加には効果がありそうです。

1レップごとにバーをラックに戻して20~40秒休み、次のレップに移るようにすれば、筋肉がしっかりと回復し、筋肉にこれまで以上の負荷を与えることができるということです。

年齢が上がるにつれ、高重量トレーニングのリスクは高くなりますが、レストポーズ法を用いることで効率の良いトレーニングが出来そうですね。

現役ボディビルダーであり、整骨院院長である私の 「身体のメカニズム基づいた再現性の高い体脂肪燃焼方法」 は、こちらのnoteで全て公開しているので、気になる方は読んでみてください。