バルクアップ・増量

日光を浴びるだけで筋肉が育つ!?ビタミンDで筋肉の同化を促進

ビタミンDは魚や卵、乳製品やキノコ類など、さまざまな食品に含まれています。

また、日光に当たることによって人間の体内でも毎日作られます。日光をわずか10分浴びるだけで、ビタミンD欠乏症を防ぐことができるといわれています。

ビタミンDにはいくつかの種類がありますが、人間にとって重要なのはビタミンD2(エルゴカルシフェロール)、ビタミンD3(コレカルシフェロール)の2つです。植物はビタミンD2を合成し、人間は皮膚でビタミンD3を作ります。皮膚が紫外線のB波(UVB)を浴びることにより、生合成されるのです。また、ビタミンD2、ビタミンD3を添加した栄養強化食品もあります。

ビタミンDは筋肉の成長に重要な役割を果たすことが認められていますが、最近の研究ではビタミンDには筋肉の同化作用に関連する働きがある可能性があると示唆されています。試験管に入れた筋細胞にロイシン、インスリン、その他様々なビタミンDを加えたところ、試験管内のビタミンD量が多いほど、同化作用が大きかったのです。さらに、ビタミンD濃度が高いほど、シグナル伝達タンパク質(Akt、GSK-3、p70-S6K、4EBP1)も多いことが示されました。

ビタミンDはカルシウムの吸収に重要な役割を果たすだけでなく、筋肉づくりにも関わるので、食事やサプリメントによって十分に摂取するとともに、日光にも適度に当たることが大切です。