筋トレ・ダイエット・栄養

減量中のタンパク質摂取は午前中が良い

高タンパクVS低タンパク

ミズーリ・コロンビア大学による『朝食のタンパク質』についての実験です。

この実験では朝食での低タンパク質食と高タンパク質食を比較し、それによる空腹感と体脂肪の増減が調べられた。実験で用意された朝食は、低タンパク質群が13ℊのタンパク質を含むメニュー、高タンパク質群は35ℊのタンパク質を含むメニューであった。その結果、朝食に高タンパク質食を食べた方が一日を通して摂取する食物量を抑えることができ、体脂肪の増加を抑制することができたのだそうだ。反対に、朝食に低タンパク質食を摂取した被験者は、その後の血糖値に激しい変動がみられ、それにより体重増加を招いたり、タイプ2糖尿病の発症率を高めることになったのだそうだ。

実験記事にはタンパク質の量しか載っていなかったため、この結果について推測できることは、

〇高タンパク質食の摂取による血糖値の安定により、一日を通して安定的にエネルギーを供給することが可能になる。

〇高タンパク質食は食欲を抑制する働きもあるため、無駄に食べることを防ぎ、結果的に総摂取カロリーを減らすことができる。

〇高タンパク質食にすることで結果的に糖質・脂質の摂取も減る。

すなわち、減量中の人も朝食に高タンパク質食を摂取することで、減量を成功させやすくなるのです。