筋トレ・ダイエット・栄養

筋肥大には長いセット間インターバルが適している

セット間のインターバルを長く摂っているトレーニーを見ると、なんだかサボっているようにも見えてしまう。

しかし、筋肥大を狙うなら、セット間インターバルは長めにとった方が良い場合もある。

米国NSCAが発行している英文誌Journal of Strength and Conditioning Research誌に掲載されていた実験結果です。

インターバル 1分vs3分

被験者はトレーニング歴のある若い男性で、2つのグループに分けられた被験者たちは、それぞれのセット間インターバルでのトレーニングを8週間行った。

被験者の最大筋力、筋持久力、筋肉のサイズが測定され、数値化して比較された。

結果

持久力は、両グループとも差はみられなかった。

最大筋力は、インターバルが長かったグループの方が増加率が大きかった。

筋肉のサイズは、3分間インターバルの群が明らかに肥大率が大きかった。

今回の実験結果が正しければ、筋肥大を優先させるために、1RM(1回できる最高重量)の50%以上の高重量を使って何レップスも行うようなトレーニングの場合、セット間インターバルは長い方が効果が高いようだ。