筋トレ・ダイエット・栄養

痩せた女性は糖尿病になりやすい

アメリカの内分泌学会誌
『Journal of the Endocrine Society』
に掲載されていた記事のご紹介

 

肥満は問題視されやすいですが『痩せすぎ』も問題ですよ。

 

最近では女性の痩せ傾向が世界的に進んでおり、特に先進国の中で最も多いのが日本です。 


女性の8人に1人、20代では5人に1人が体格指数18.5未満の『痩せ』判定されています。

 

痩せていれば健康は間違い

 


痩せているから健康ということではなく、痩せた女性は太っている女性と同様に糖尿病の発症リスクが高いことが報告されています。


今回の研究は『なぜ、痩せた女性に糖尿病発症リスクが高いのか』について。

 


『筋肉のや筋肉の低下


筋肉は体の中でブドウ糖を貯蔵する最大の臓器です。


痩せていて筋肉量の少ない女性は、食後に十分な量のブドウ糖を筋肉内に取り込むことができず、高血糖を生じやすいと考えられます。

また、筋肉内への脂肪蓄積は筋肉の質の低下を引き起こし、ブドウ糖をうまく取り込めず、高血糖を生じます。


このように、痩せた女性は筋肉の量や質の低下が生じ、糖尿病の発症リスクが高くなることが示されました。

 

 


対象になった参加者は20代の痩せた女性31人、50~65歳の閉経後の痩せた女性30人


20
代は痩せた女性の割合が最も高い年代、50~65歳は閉経後に糖尿病リスクが高まるという理由です。


参加者は75g経口ブドウ糖負荷試験(糖尿病の検査)を受け、DXA法により体組成検査、そしてプロトンMRS法による異所性脂肪測定を受けた。

(異所性脂肪の蓄積は、溜まった脂肪による毒性によりインスリン抵抗性が生じると考えられる)


DXA
法(二重エネルギーX線吸収測定法)・・・骨密度や筋肉量、脂肪量を測定する方法

プロトンMRS法・・・MRI検査の一つ

異所性脂肪・・・脂肪の多くは皮下や内臓の脂肪組織に蓄えられるが、それ以外にも肝臓や筋肉など異所にも蓄積される。そうした脂肪を異所性脂肪と呼ぶ。

 


その結果、20代の痩せた女性と比較して、痩せた閉経後の女性では糖負荷2時間後に140mg/dl以上となる耐糖能異常が37%との結果となった。(同年代女性の平均は17%なので2.17倍高い)

さらに、高血糖になりやすい人はインスリン分泌が低いことに加え、徐脂肪体重(脂肪を除いた体重)が少ない人、筋肉細胞内に脂肪が蓄積している人であると明かした。

 

 

『痩せ』を改善する2つの方法

『痩せ』は糖尿病に限らず、無月経や骨粗しょう症など、さまざまな疾患を引き起こすので、体組成を適切にしていかなければなりません。

 

改善する方法は大きく2つあります。

①バランスの取れた食事

痩せの原因として栄養摂取不足が多いと言われていますので、バランスの取れた食事を摂ることが必須です。

最近多いのは極端な炭水化物制限などです。体に必要な糖分を産生・供給するために必要な筋肉を分解してしまったり、タンパク質の摂取不足により筋量の低下、高齢者でみられるサルコペニアと同レベルまで筋量が低下する方もみられます。

※サルコペニア・・・加齢や疾患により、全身の筋肉量が低下すること。また、歩行スピードの減少や杖や手すりが必要になるなど、身体機能の低下が起こることをいいます。

 

②運動の習慣化

正しい食事バランスに加えて、主に筋肉の量を増やす運動への取り組みが重要です。

痩せた女性が糖尿病の発症を予防するために、『筋肉の量を増加』『筋肉の質の改善』を目指して、適切な食事バランス、運動を行うことが重要です。