筋トレ・ダイエット・栄養

衝撃!!豆乳のカロリーはコーラよりも高い!!!

みなさん知ってますか??

いや、知らないでしょうね。

 『豆乳のカロリーはコーラより高い』

という衝撃的な事実を!!

コーラは太る!!

それは世間一般では周知の事実です。

でも豆乳と言えば

『ヘルシー』
『健康』
『美容』
『ダイエット』

など、いいことづくめな飲み物だと思ってませんか??

まぁとりあえず一旦落ち着いて

成分表を見てみましょう。

代表的なもので、コーラはコカ・コーラ、豆乳はキッコーマンです。

ちなみにオレンジジュース(ポンジュース)も載せてみました。

コカ・コーラ 100ml当り
45kcal
タンパク質 0g 脂質 0g 炭水化物 11.3g
原材料名:糖類(果糖ブドウ糖液糖、砂糖)、炭酸、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン
キッコーマン無調整豆乳 100ml当り
57.5kcal
タンパク質 4.55g 脂質 3.65g 炭水化物 1.6g
原材料名:大豆
キッコーマン調整豆乳 100ml当り
58.5kcal
タンパク質 3.85g 脂質 3.85g 炭水化物 2.05g
原材料名:大豆、砂糖、米油、天日塩、乳酸カルシウム、乳化剤、糊料(カラギナン)、香料
ポンジュース 100ml当り
45kcal
タンパク質 0.8g 脂質 0g 炭水化物 10.4g
原材料名:オレンジ、うんしゅうみかん、香料


私も知らなかったのですが、意外にも調整豆乳と無調整豆乳のカロリー差は

カロリーだけで言えば豆乳よりコーラの方が低い
と。という事でした。

たったの1kcalしか違いがないのですね。

 

無調整豆乳のPFCバランスは

P46% F37% C16%

PFCバランスを知らない方はこちら↓

簡単なPFCバランスの説明をしております。

タンパク質が高いのはいいのですが、気になるのは脂質の高さ。

この脂質量はヘルシーとは言えないですね。

タンパク質、炭水化物1g/4kcal、脂質1g/9kcal

 

ただ、コーラの場合、1回に飲む量は大体ペットボトル500mlが多いと思います。

豆乳を1回で500ml飲む方はそうそういないと思いますので

摂取量で言えばコーラの方が太りやすい

とは思います。

他には豆乳ですと、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、レシチン、サポニン、イソフラボンなども入っておりますが、今回は成分よりもカロリーの話なので成分説明は省きます。

オレンジジュースもあまり体に悪いという印象はないと思いますが

PFCバランスはコーラとほぼ同じですし、カロリーも同じです。

しかも果糖の塊ということで最悪ですね。

まとめ

豆乳に限らず、一般的にヘルシーだからと何も考えずに摂取するのはダイエット中は危険

『私は痩せない体質』とか諦めている方、言い訳している方が多いですが、ちょっとしたことの積み重ねが原因なんですよ。

みなさん一度、食事内容をよーーーーく見直してみては??

追伸 現役ボディビルダーであり、整骨院院長である私の 「身体のメカニズム基づいた再現性の高い体脂肪燃焼方法」 は、こちらのnoteで全て公開しているので、気になる方は読んでみてください。